株式会社 ベネック振動音響研究所


HOME 会社概要 アクセス  リンク 採用情報


鉄 道 

鉄道関係では、現在線沿線の振動・騒音調査は最も一般的ですが、立体交差事業では、仮線時における調査から高架時の予測まで行います。
また、建設作業時の調査や影響範囲の検討など業務は多岐にわたります。


 沿線建物の騒音影響の予測を行いたい
既存の予測モデルをベースに予測を行うことを基本とします。しかしながら、適用が困難なケースが発生します。そのような場合は、実測値による回帰式や道路交通騒音予測モデルの手法など取り入れながら、現況再現モデルを構築し、最終的に保全対象の予測を行います。
 
 沿線建物の振動影響の予測を行いたい
手法は実測による距離減衰の把握や数値解析があります。地盤伝搬が関係する場合は、実測値による回帰式が最もシンプルな手法と考えます。建物増幅による影響が無視できないので、対象建物で実際に増幅量を把握することが望ましいと考えます。
 
 固体音伝搬音
前面道路に地下鉄が通っている場合は、固体音伝搬音が問題となるケースが少なくありません。戸建住宅、集合住宅、オフィス、商業施設など規模や用途に関係なく事例がありますので、計画段階で調査を実施する事が望ましいです。
 

 


業務内容一覧へ戻る



  株式会社 ベネック振動音響研究所



Copyright c Benec Vibration and Sound Institute Inc All right reserved